学校の規模とグランド

学校には勿論グラウンドがあるのは当たり前ですが、住宅地にあるような場所では若干狭くなっており、子供の人数も少なくはなってはきていますが、それでも窮屈な感じがするところもあります。また最近では学校のグラウンドに芝を敷き、転んでも怪我をしないような所もあります。一昔前までには考えられない話ですが、実際そのような所が増えてきているのも事実です。芝生だと維持が大変で、例えば保護者にハイヒールでは入らないようになどと通達する所もあります。確かに子供の安全を考えれば理にかなった事なのでしょう。乾燥した季節に埃も舞う事もなく、運動会などのイベントにも重宝しそうです。

グラウンドの有用性について

学校に通っていたときはあって当たり前のように使っていたグラウンド。卒業して大人になってから、遅まきながらその有用性に気づきます。まずあのようにただただ広い空間というのが学校以外にあまり存在しません。サッカーや野球がやりたい、と思えば大人はお金を払って施設を予約しなければならないのです。また、土の地面というのも最近では少なくなってきており、公園もコンクリートのところが増えています。グラウンドにタイムカプセルを埋めて何年後かに掘り起こす、などは学生時代だからこそできる青春の証。学生さんは今のうち広い空間を心して活用しまくりましょう。

↑PAGE TOP